キャッシング審査で落ちやすい人の特徴

キャッシング

キャッシングの審査で落ちた!って話もよく聞きますが、
落ちた人ってどういう特徴があると思いますか?

 

キャッシング会社やカードローン会社も基本的にはお金を貸したいのが本音(ホンネ)です。

 

お金を貸して利益を出すのが仕事なので、お金を貸さなくては始まらないのが当たり前ですよね!
でも何故、そんな状態なのに審査で落ちる方が発生してしまうのでしょうか?

 

キャッシング会社が一番恐れていることは!?

キャッシング会社もカードローン会社もお金を貸さないことには仕事が始まらないのは当たり前ですが、
もっと最悪なのは、お金を貸したのに、貸した金が返ってこないケースです。

 

最近では総重量規制も施行されているので、表立った取り立ても行えません。

 

貸したお金が返って来ないのは、仕事をして仕損が発生することであり、
マイナス申告になってしまい会社の存続が危うくなってしまいます。

 

そのためキャッシング会社もカードローン会社も貸したい気持ちはやまやまですが、
それ以上に借りたい方の「返済能力」の審査に重点を置いています。

 

ただ審査で落ちた場合、信託会社も消費者金融会社も落ちた理由は教えてくれません。

 

メールで判定通知が届いてスグに確認の電話をしても、審査基準に関しては一様にノーコメントです。

 

こちらは誠意を示している訳ですの、理由ぐらい(せめて落ちた項目ぐらい)教えてくれても良いと思うのですが。

 

もう少しの段階で落ちたのと、橋にも棒にもかからず落ちたのでは、その後の対応方法も異なって来ます。

 

最近ではユーザーよりなサービスが増えて来ていますので、
クレジットカード会社もキャッシング会社もヒントぐらいは伝えたいのが本音と思います。

 

ただ審査基準の守秘義務は、法律で決まっていそうですね。

借入審査で落ちる内容で多いもの

・申し込み内容の間違い、不備
・虚偽の申告(事実と違うことを記載してしまっている)
・すでにブラックリストに名前があがっている。

 

以上が考えられます。

 

ブラックリストですが、過去に3ヶ月以上に渡り返済を滞らせるとブラックリストに乗ってしまいます。

 

現在では指定信用情報機関制度が完備されていますので、
他のキャッシング会社で申請しても他社での延滞情報は筒抜けになってしまってます。

 

「この人は延滞経験がある危ない人です」と告げ口されているようなものですので、
初めてのキャッシング会社の申し込みでも厳しいのは当然です。

 

ブラックリストですが、一般的には5年間クリーンな状態が続けば消えると言われてはいますが、
履歴的には残っていますので、マイナス要因であることには変わりありません。

 

ブラックリストは時間が経てば消えると思って、楽観視する利用者もたまに居るようですが
借りたものを返せないのは契約違反ですので、処罰されても文句を言えない状態です。

 

また、「指定信用情報機関」のデータベースに登録されていない人は、キャッシングは行えません。

 

偽名を使って申し込みを行なっても、所詮架空データなので、データベースにヒットする訳が無いです。

 

データベース上に居ない方には貸し出しが行える訳がありません。

 

虚偽の申告をしても時間の無駄になるだけです。

 

やはり借りることに頭をつかうより返済能力を高めることに頭を使っていくことが大切になります。

 

即日融資【消費者金融キャッシング】 金利・借入限度額【銀行カードローン】

消費者金融ランキング銀行カードローンランキング