審査基準を把握してカードローンの審査をスムーズに合格する方法

カードローン審査

カードローンの申し込みを行う時、必ず審査を受けなければならないですが、
どこの賃金業社でもカードローンの審査基準は社内秘となっています。

 

しかしカードローンの審査で押さえなければならないことは基本的なことであり予想は付きます。
消費者金融にしても銀行カードローンにしても基本的にはお金を貸したいんです。

 

お金を貸すことで利子を頂き商売にしている訳ですので、お金を貸さないことには商売が始まりません。
それでも融資の申込者を審査で落とさなくてはならないのは、それなりの理由があります。

 

審査で不合格となる理由を明確にすれば、スムーズにカードローンを作成できるようになります。

 

本審査を申し込む前に事前診断(簡易診断)を利用してみる。

賃金業社のHPには本審査の前に借入可能性の判断が行える事前診断(簡易診断)プログラムが用意されている会社があります。

 

事前診断プログラムで合格しても本審査で必ず合格する訳ではありませんが、
事前診断プログラムで不合格では本審査に申し込むまでも無く不合格になります。

 

そのため審査に不安がある方は、まず試してみる価値はあります。
事前診断プログラムは個人情報の入力は必要なく、匿名で試すことができるので気楽に試すことができます。

 

審査基準は賃金会社によって異なるので、融資を希望する会社の基準を垣間見るだけでも有効な方法です。
事前診断プログラムに合格している賃金業社に申し込みを行えば、本審査に通る可能性は高くなります。

 

事前診断プログラムで審査傾向を把握する!

審査傾向を知りたければ、事前診断プログラムがある賃金業社は数者あるので、いくつか試してみると参考になります。
匿名で行えるので申し込みブラックになる心配も無く安心です。

 

事前診断プログラムを数社で試してみて、殆どの会社で合格したならば、
本審査への不安もかなり解消されていることでしょう。

 

そうなれば、あとは賃金業社のカードローンの内容を比較評価して
最も自分に合ったサービスを提供している会社に申し込みを行えば良いことになります。

 

即日融資【消費者金融キャッシング】 金利・借入限度額【銀行カードローン】

消費者金融ランキング銀行カードローンランキング


事前診断プログラムのあるおすすめカードドーン会社

プロミス

プロミス簡易診断
簡単3項目入力で、プロミスで借入可能かすぐに結果がわかります。【匿名可能】
「お借入可能か?」を確認したら、入力内容はそのまま続けて申込みも可能です。

 

アコム

アコム簡易診断
簡単3項目入力で、アコムの借入可能性がすぐわかります。【匿名可能】
※クレジットカードでのショッピング、住宅ローン、自動車ローンを除くキャッシングの利用に限ります。

 

事前診断プログラムの注意事項

全ての賃金業社で同じことが言えますが、事前診断プログラムは借入可能性を診断しているだけであり、
実際の本審査の結果を保証する訳ではありません。

 

あくまでも本審査の審査結果の目安が事前診断になります。

 

それでも、事前審査で合格したからといって、本審査が必ず合格する訳ではありませんが、
事前審査が不合格の時は本審査でも不合格になる可能性は高いです。

 

SMBCモビットの10秒簡易審査申込(本審査の申込)


SMBCモビットの10秒簡易審査は、簡易診断では無いので注意願います。
SMBCモビットの10秒簡易審査は、正式な申し込みの事前審査です。
それだけSMBCモビットの申し込み画面は、正式申し込みでも入力項目が少なくシンプル設計になっています。
SMBCモビットは最大でも26項目の入力で済むので、電車の中でもサクッと申し込みできてしまいます。

 

 

申し込みブラックとは、ある時期にまとめて数社の賃金業社に申し込みを行い
賃金業社に問題視される状態を指します。

 

賃金業社側からすると、他の賃金業社で不合格になっているのは何か問題があると考えるので
新しい賃金業社でも審査に通りにくくなってしまいます。

 

基本的に一遍に申し込みして大丈夫なのは、2社までと言われています。
3社以上に同時期に申し込みを行うと、申し込みブラックになる可能性が高くなります。

 

個人の賃金の申し込みから借入履歴は全て、個人信用情報で管理されています。
他社に申し込みをしたことから記録されていますので隠すことはできません。
個人信用情報の詳細は「指定信用情報機関制度」を参照願います。