おまとめローンとのりかえローンの特徴と賢い利用方法の説明

おまとめローンで毎月の支払総額を下げられる可能性がある。

借金一本化

毎月の支払い総額(金利)が低くならなければ、おまとめローンを利用する意味がありません。

 

借金をまとめることに注力しなくても、金利の低い会社に増額要求を行い
借り入れ件数を減らして行けば、結局、借金の一元化を進めていることになり
のりかえローンを実施していることになります。

 

のりかえローンで金利を低くして毎月の支払い総額も減らすことができれば、
元本の返済率は上がって行くことになり、借金返済を早くすることが可能になります。

 

のりかえローンでカードローン会社を減らして行き、最終的に一つの会社になれば
おまとめローンが成功したことになります。

 

おまとめローンが成功すれば、返済日も一個でわかりやすいですし
何より精神的負担が大きく減ります。

 

まずは一つ一つ金利の安いカードローン会社で再契約を行い
総支払額を減らして行くことが大切です。

金利の低い有利なローン条件に組み換えられる可能性がある。

カードローン(キャッシング)の審査では、「他社借り入れ件数」の審査に重点が置かれています。
特に「おまとめローン」においては、借金をまとめるにあたり現状の借入件数は重要です。

 

クレジットカードのキャッシングでは、借り入れ総額が審査で重要ですが、
カードローン(キャッシング)の審査に於いては、他社借入件数が多い方は、
借金の整理もできずに困ったら借りる調子で借りている自己管理不足と見なされます。

 

自己管理不足と見なされると、おまとめローンの審査は難しくなってしまいます。

 

借り入れ総額も重要ですが、のりかえローンを使って他社借入件数の整理からまず実施しましょう。

毎月の支払いを一回で行うことで管理しやすい。(精神安定上も良い)

何社からも借りていると返済日返済額もバラバラで管理するだけでも大変です。

 

しかも返済日を間違えたりしたり、加えて滞納をしてしまった日には督促を受け
個人信用情報の信頼度が下がってしまうと、次にカードローンを組む時など大変になってしまいます。

 

返済の管理がシンプルになれば、返済日を忘れる心配も無くなり、
また督促に怯える心配も無くなりまずので、精神安定的にも良くなります。

 

返済が規則的に行われる様に成れば、収支が見えてくるのでマネープランも実施可能になります。
あと振込回数も減るので必然的に振込手数料も削減可能になります。

 

借金が増えて行っては改善が無いので、一度しっかり「おまとめローン」を検討することが重要です。

 

現状で数社のカードローン会社に借金がある方は、まずのりかえローンを検討して、
最終的におまとめローンになるように検討すれば、取り組みやすいです。

おまとめローンを成功させるためには、まず借入件数を減らすのが重要

借金一本化

おまとめローンの最終目的は、借金の一本化です。
そもそも借金をする時に一社から希望額を借りられたら、
おまとめなんて考える必要は無かったはずです。

 

それが出来なかったから、複数のキャッシング会社から
借入しなければならなくなってしまったのが現状ですよね。

 

まず重要なのは現状整理、つまり借入状態の分析が重要です。
おまとめローンの新規申し込みを行う前に以下の確認は必須です。

 

借入金の増枠交渉を行う!

まとめる前にまず『借入件数を減らす』ことを考えることが重要です。
借入件数が減れば当然、まとめるのも容易になりますし、
おまとめローンの新規申し込みも通過しやすくなります。

 

『おまとめローン』と言うと、ひとくくりにすると思いがちですが、
『借入件数を減らす』のが本来の目的です。
借入件数が減っていけば、最終的にに借金が一本になります。

 

具体的には現在借り入れを行っているカードローン会社ごとで『増額の調査及び交渉』を行う必要があります。借入限度額の多い、金利の安い賃金業社の調査や交渉も必要になってきます。

 

年々各社サービス内容は多様化ていますので、今の自分の知識が全てでは無いと考えた方が良いです。
新規一新して、賃金各社のおまとめローンのプログラムを調査することが大切です。

 

やみくもにおまとめローンの新規申し込みを行っても本末転倒になるケースは多いです。
まずは『借入件数を減らすにはどうすれば良いか!』の検討からしっかり行いましょう! 

 

おまとめローン(のりかえローン)の審査基準

標準的なケースとして、以下のケースに触れると、おまとめローンは難しくなります。

 

年収の3分の1以上の借り入れiがある。

そもそも総量規制(借入額は年収の3分の1まで)に抵触します。

 

ただおまとめローンには「総量規制の例外貸付」が適用されるケースがあり、
うまく使えば、年収の3分の1以上の借り入れがあっても「おまとめローン」を行うことが可能になります。

 

「総量規制」の法律は、元々消費者への過剰な貸付を抑制するために生まれた法律ですが、
逆に消費者側からすると、「借りたくても借りれない」状態になってしまいました。

 

消費者保護の法律なのに矛盾も発生してしまってます。
そのため、「顧客に一方的有利となる借換え」に関しては、「総量規制の例外貸付」として認められています。

 

カードローン会社の借り入れ件数が既に数社以上ある。

(審査基準で問題になる借入数は、ローン会社の内部規定であり会社ごと異なります。

 

まずは現状整理から必要です。
おまとめローンでは、『借り入れ件数』が重要視される項目です。

 

おまとめローンの進め方でも説明しましたが、
まとめるためにもまずは借入件数を減らすことから考えてみて下さい。

 

返済遅延履歴がある。

個人信用情報がマイナスですので厳しくなります。
※おまとめローンと言ってもカードローンの審査基準は、通常のカードローン審査と代わりません。
新規に借り入れが行えないからと言って、まずは「おまとめローン」から行うといった考えは無いです。

 

逆に「おまとめローン」の方が審査的には厳しくなります。
その他にカードローン審査ですので、個人情報(勤務先、年収、勤続年数、居住形態)や返済能力など総合的に審査されます。


のりかえローン(借り換えローン)の一番の魅力って何!?

のりかえローン

カードローンののりかえ(借り換え)ローン>の優位性について整理してみましょう。
カードローンののりかえローンとは、具体的にどのようなことをすると思いますか?

 

高金利で受けていた融資を、低金利で新たに借りた融資で返済して、
以後は低金利での返済を行うというスタイルのことです。
返済にかかる手間を軽減したり、より返しやすい状態にして、借りたお金を返しやすくする方法です。

 

のりかえローンの最大のメリットは、数回に渡っていた振り込み手数料が
減るメリットもありますが、一番は精神的負担が減る」ことです。

 

のりかえローンで精神的負担を減らすことができる!

返済日が月に何回もあったのでは、管理も大変ですし第一、毎日気が気で無いです。

 

それが1回になるのは理想ですが、回数が減るだけでも返済日を気にする回数も減りますので精神的に良くなります。

 

精神的に安定すれば、現在の仕事だったり家族関係だったり、他の面でも良くなる傾向がありますので、
是非、負担を減らすためにものりかえローンは積極的に検討してみましょう。

 

のりかえローンのシステム

のりかえローンは現在、返済中のローンをまとめて返済し、
別のローンを返済することになりますので、借り換えローンという言い方もします。

 

より低い金利で返済ができるのであれば、それはとても望ましいものです。
金利0.1%違うだけでも、かなり大きな要素です。

 

ローンと言っても、住宅ローンの場合だったりすると、返済金額は数千万レベルとなり
大きな金額ですので、金利の影響も大きくならざるをえないです。

 

毎月支払わなければならないローンも返済も、
借り換えによって金利が変われば、その影響で減額されることもあります。

 

経済情勢があまり良くない最近は、家計が苦しい家も多いですので、
少しでも低金利の融資を受けたいと思う人は多いです。

 

住宅ローンの借り換えでは、担保の評価額がどのように変動しているかも大事です。
担保割れしている場合は、借り換えがそもそも不可能なこともあります。

 

借り換えに際して発生する手数料などの費用も踏まえて、ローンの借り換えを検討しましょう。
ローンの手数料分を差し引いても、借り換えするメリットがあるのかどうかを見極める必要があります。


おまとめローンは消費者金融の総量規制の対象外になるときがある。

おまとめローン

気軽なキャッシングを使いまくってしまい多重債務者になってしまったら、
借金を完済するためには、おまとめローンの利用が効果的です。

 

別々の消費者金融からの借り入れが混在していると、月々の返済日も違ったり、
また、利息も異なることから、なかなか返済計画が立てづらくなってしまいます。

 

しかも、各々の返済日に注意していなくてはならないので、いつも返済している感じで
圧迫感があり精神衛生上も良くないです。

 

その点、おまとめローンの特徴としては、最も利息の低いものを選んで契約することによって、
これまで、毎月高い利息を支払っていた無駄な出費が抑えられるようになります。

 

なおかつ、返済日も月に一度にまとめることが出来るので、総返済額が一目瞭然となって精神的にも楽になります。

 

また、おまとめローンの一番の特徴としては、総量規制の対象外という点が挙げられます。

 

そもそも総量規制とは、個人に融資を行っている消費者金融が守らなければならない貸金業法に定められた融資関係の法律です。

 

あまりに多額の融資を提供していると、利用者本人を返済不能に陥らせることになるので、
融資の上限を、年収の3分の1までに留めるというものです。

 

しかしながら、カードローンやキャッシングなどと違って、おまとめローンはかなりの多額の融資になるケースが多いです。

 

そのため、おまとめローンの案件については、例外的な措置として総量規制から対象外できるケースがあります。

 

つまり、これによって年収の3分の1という枠組みを超えた融資も可能となります。

 

総量規制の対象外に適用させる条件は、金利が下がるなどで、一方的に消費者が有利な状況のプログラムでしたら、
総量規制の対象外として、年収の1/3以上の借入も行えるようになります。

 

既に多重債務の方は、おまとめローンを上手に使って借金完遂を実現させて下さい。


おまとめローンの審査基準を把握してスムーズにおまとめローンを行うためには

おまとめローン

おまとめローンの審査基準の特徴は、通常のキャッシングに比べると厳しいことです。
賃金業者によっては基準の年収を超えていない場合には、申し込みすらできないケースがあります。

 

おまとめローンの審査基準としては、他社借入件数や多重申し込み、事故情報の有無、勤続年数などがあります。
おまとめローンの特徴である複数のキャッシングを一本化することには、現在の借入件数が重要になります。

 

おまとめローンの審査では、借入総額よりも借入件数の方を重視する傾向があります。

 

おまとめローンの審査が通りやすいケースと通りにくいケース

50万円を4社から借りている人と200万円を1社から借りている人では、
前者の方は返済実績が足りず限度額を増額できないから複数の業者から借りているとみなされます。

 

反対に1社あたりの限度額が高い場合には、借入先の業者に信用されているとみなされるからです。

 

3件以内であれば、融資してもらえる可能性がありますが、
一般的に5件以上借入先がある場合には、融資してもらえない可能性の方が高くなります。

 

ローンは申し込みをしただけで信用情報機関に掲載されるため、短期間で複数の業者に申し込むと
要注意人物と判断されることがあります。

 

また、過去に3ヶ月以上の延滞や踏み倒し、債務整理などのお越した場合には、
事故情報として5年から10年掲載されるため、この期間の申し込みは難しくなります。