銀行系カードローンの魅力|低い金利と余裕の借入限度額

銀行カードローン,審査,みずほ銀行,オリックス銀行,イオン銀行,楽天銀行

銀行系カードローンの魅力は何と言っても低い金利と余裕の借入限度額です。

 

金利はもっとも利用されることが多い100万円以下の金利でも
大手消費者金融では最大金利の18.0%が適用されことが多いですが、

 

借入限度額も銀行系カードローンなら余裕があり、
みずほ銀行では800万円まで借り入れ可能です。
最近では銀行系カードローンも即日審査にも力を入れていますが、

 

銀行系カードローンは即日でお金を借りるよりも
圧倒的に低い金利と余裕の借入限度額を使った

 

「おまとめローン」「のりかえローン」で利用するのも魅力的です。

 

金利と借入限度額が魅力の銀行カードローンはこちらから

即日融資が魅力の消費者金融のキャッシングサービスはこちら

【銀行カードローンと消費者金融の審査状態】
銀行系カードローンは「審査」が厳しいと言われがちですが、審査内容は変わりません。
金利であったり借入額を自分に取って最適に選べるので、審査が慎重になる傾向はあります。
銀行系カードローンは魅力的な金利借入限度額なので、真剣にお金を借りる検討に向いています。


消費者金融と銀行カードローンの使い分け

●大手消費者金融
どうしても今日中にお金を借りたい!という時には大手消費者金融即日融資を利用する方が速くて確実です。
大手消費者金融は従来から消費者にお金を貸して来た経験から即日融資するシステムが備わっています。

 


●銀行カードローン

銀行カードローンでも最近では即日審査もできるようになってきていますが、銀行カードローンの魅力はなんといっても低い金利余裕の借入限度額です。

 

即日に拘るばかりに、金利が高くなってしまったり、借入額が少なくなってしまったのではもったいないです。
金利の調整するのでも借入限度額の調整をするのでも、時間は即日よりも必要になりますが、銀行カードローンには利用するだけの価値がありますので、落ち着いてカードローンの検討をするのに適しています。

●銀行カードローンと消費者金融の使い分けまとめ
★即日にお金を借りたいのであれば、大手消費者金融を利用するのが最速で借りれます!
★金利を下げたい!借入限度額を増やしたい!といった方は、銀行カードローンに相談するのが適しています。

即日融資【消費者金融キャッシング】 金利・借入限度額【銀行カードローン】

消費者金融ランキング銀行カードローンランキング

銀行カードローンにおける審査基準の特徴整理とまとめ

お金借りる 銀行

銀行系のカードローンは、金利が低く安心して借り入れをすることができので人気がります。
加えて銀行なので資金力も豊富であり、利用限度額も高いメリットもあり多くの人が利用しています。

 

銀行カードローンと消費者金融の比較

一方で銀行カードローンを消費者金融のキャッシングと比較すると
審査基準は厳しい傾向であり、融資までの時間もかかるなどのデメリットもあります。

 

そのため銀行カードローンでは人によっては、申し込みをしても借り入れができないこともあります。

 

ただ銀行カードローンの審査が厳しい傾向と言うのは、借入金額もそれだけ高額に
借り入れすることが可能であり、そのぶん審査も厳密に行われていると言うだけです。

 

銀行カードローンの審査基準の詳細

銀行の融資は基本的に保証会社をつけて行いますので、
審査の時には銀行保証会社がそれぞれに調査をします。

 

そのため、時間もかかりますし、どちらか一方でも審査に通らなければ、融資を受けることが
できませんので、どうしても他社に比べると厳しいという印象を受けるようになるのです。

 

審査の特徴としては、安定的な継続した収入があること、
年齢が基準の範囲内に入っていることなどのほか、
家族構成や持ち家の有無、勤続年数などが考慮されることもあります。

 

転職の回数や前年度の収入なども審査に加えることが多いため、
申込書に記載する内容も通常のカードローンに比べると多岐にわたっていることが多く、
オンラインでの申し込みにも手間がかかる場合があります。

 

また、仮審査と本審査に分かれているところが多いのも銀行カードローンの特徴です。
銀行カードローンは金利も低ですし、借入限度額も800万円まで可能な「みずほ銀行カードローン」
のようなサービスもあり、お金を借りるには魅力的なサービスとなっています。

 

銀行カードローンは腰を置いて落ち着いて、借入検討をするのに向いているカードです。

 

即日融資【消費者金融キャッシング】 金利・借入限度額【銀行カードローン】

消費者金融ランキング銀行カードローンランキング

 


審査時間が長い特徴の銀行カードローンも最近は迅速な審査になってます!

お金借りる 銀行

銀行のカードローンには、審査が厳しい傾向です。
銀行カードローンは保全会社が付いていますので、審査が2重になります。

 

審査が厳しい傾向になるのはしょうがないことですが、その影響から
審査時間が消費者金融よりも長くなる特徴があります。

 

しかし最近の銀行カードローンでは、審査時間は短縮されています。

例えばみずほ銀行のカードローンなら、インターネットから申し込みをすると迅速に審査してもらえます。
他にもオリックス銀行カードローンなら、申し込みをした後の画面ですぐに結果を知ることもできます。

 

急いでお金を借りたいなら、みずほ銀行カードローンやオリックス銀行カードローンのような
審査時間が短い特徴があるカードローンを選ぶことも可能になって来ました。

 

ただし申し込みをするときには、注意点もあるので気を付けましょう。

即日融資と言っても、銀行の営業時間外に申し込みをしたら時間はかかります。

 

また銀行で即日融資を利用する時には、そのカードローンを運営する銀行の
普通預金の口座が無いと即日融資が行えないので、普通口座を作る必要も出てきます。

 

その場合には、口座を作る時間が必要になるので、融資を受けるまでの時間も
必然的にかかってしまうことになります。

 

即日融資ができるといっても、状況によっては時間がかかることもあります。

 

急いでいるときには見落としがちですが、必ず様々な条件を確認してから申し込むようにしてください。
事前に即日融資できる条件が揃っていれば、短時間でお金を借りることもできます。

 

ただ即日融資を希望するなら消費者金融のキャッシングサービスを利用した方が向いています。
消費者金融には即日融資を行うためのシステムが揃っています。

 

銀行カードローンは金利も借入限度額も魅力的なので、即日融資というよりも
金利と借入額をじっくり検討してお金を借りるのに向いています。

 

即日融資【消費者金融キャッシング】 金利・借入限度額【銀行カードローン】

消費者金融ランキング銀行カードローンランキング


カードローンサービス業者は大きく分けて3種類ある特徴整理

お金借りる 銀行

最近はカードローンサービスを提供する業者はたくさんあります。
その審査基準や利息の利率設定などは業者によってさまざまですが、
大まかに3つに分類することができます。

 

カードローンの業種別分類

 

第一に、銀行系カードローン業者です。
比較的利息利率が低くて経済的な利用ができますが、審査基準が厳しい傾向にあります。

 

第二に、消費者金融系カードローン業者です。
審査基準は比較的緩めで多くの方が利用できますが、逆に利息負担が高くなる傾向にあります。

 

第三に、信販系のカードローン業者です。
信販系のカードローン業者は銀行系カードローンと消費者金融カードローンの
中間に位置する特徴を持っています。

 

カードローン業者の選択基準

金利や借入限度額だけを考慮した時は、できることなら銀行系業者を利用したいところですが、
銀行系カードローンは審査に時間がかかる傾向があり、急ぎの時になかなか審査が終わらず、
困ってしまった経験の方も多いです。

 

ただ最近のカードローン業者は、審査にかかる時間がかなり短縮されてきているので、
急ぎの時にも頼りになるようになっています。

 

即日審査と即日融資は、もはや消費者金融だけでなく他のカードローン業者でも
標準サービスになってきています。

 

最近の消費者金融業者は、銀行と提携してサービスを提供する業者も多くなっています。

 

銀行のATMを利用して融資申請をすることができたり、逆に返済手続きも同様に
ATMで行なうことができるなど、利便性が増してきています。

 

利用の前にはカードローン業者間のサービス比較も行い便利に利用したいものです。

 

即日融資【消費者金融キャッシング】 金利・借入限度額【銀行カードローン】

消費者金融ランキング銀行カードローンランキング